誠実堂の歴史

株式会社誠実堂 代表取締役 山田茂

 

先代の山田實は長野県伊那市より10歳で大月市の広真堂書店に奉公(今の人にはわかるでしょうか?)に来ました。
親と離れての生活は大変苦しいこともあったでしょうが、親代わりとなった社長夫妻に信頼され店の番頭役として商売のノウハウを学び、
昭和4812に大月市役所の横に10坪の文具店を構え独立しました。

 

旧店舗の外観

旧店舗の店内の様子

 

2代目の私は、大学卒業後3年の修業を経て誠実堂に入社し現在に至ります。
小中学校への教科書・教材の販売を基本とし、店舗では、文具の専門店にこだわりながら時代とともに変化するお客様のニーズに対応し、
7年前からお線香や和雑貨にも販路を広げ、常にお客様に喜んでいただけるように努力しています。

現在の店舗

 

これからもお客様の声を大切に誠実な商いを続けてまいります。今後もより一層のお引き立てをお願い申し上げます。