• 文具・和文具・お線香・各種印刷・大判コピー

子どもの着物姿は、なんともいえずかわいらしいものですね。

七五三も子どもの健やかな成長を願う行事です。

 

三歳、五歳、七歳、これまで無事に育ってきたことを感謝し、

いっそうの成長を願って氏神様に詣でます。

今のように七五三のお祝いが11月15日になったのは

江戸時代のころからと言われています。

 

神社で祈祷を受ける場合は、紅白蝶結びの金封に表書きは

「初穂料」とし、子どもの名前を書いて納めます。

 

親戚などからお祝いをいただいた場合、本来、お返しは不要です。

 

千歳飴やお赤飯などを「内祝」として子どもの名前で配ります。

 

近所なら挨拶に伺い晴れ着姿を見てもらいましょう。